ペット葬


2

ペット火葬は、感謝を伝え、なおかつ心の整理をするために必要なことです。犬や猫というものは、人間社会に古くから溶け込んできた動物で、ペットとしての歴史はピラミッドの時代までさかのぼることができます。現代においても、子供の頃から共に育ってきたという人もすくなくありません。それだけに、失ったときに感じる喪失感というのは、耐え難いものがあるのです。だからこそ、真心を込めたペット葬を行い、感謝の気持ちを伝えるべきなのです。
飼っていた犬が亡くなった際には、登録抹消の手続きをしなければなりません。もし特定の病気で死んでしまった場合には、遺体を保健所に引き渡すという決まりもあります。猫の場合は、多少は手続きが簡略化されます。それでも辛い別れにはかわりありません。また、豚やヤギといった家畜としても飼われている動物になると、所定の取扱場でしか火葬してはいけないと定められています。このように、心が沈んでいるときでも、決め事というのは飼い主へ、容赦なくやってくるのです。
そこでペット葬を取り扱っている業者が、心の支えとなってくれます。煩雑な手続きをスムーズに進められるよう取り計らってくれますし、葬儀の内容も、安心のプランを取り揃えています。そして、火葬したあとの霊園や納骨堂というのは、あまり馴染みのないものです。そこへも迅速に収められるように手配してくれますので、辛いときこそ頼りになるのです。
最近では火葬されたあとの遺骨を、持ち帰る人も増えています。それをペンダントにして、側においておくことで、さらに人生を共にしようという気持ちが、そこにあります。こうした細かい要望にも、ペット葬の専門業者は逐一答えてくれます。犬や猫と過ごしていた時間が長いほど、精神的ダメージを深いものです。しかし、悲しむべき時間をきちんと作ってこそ、乗り越えるのも早くなります。真心込めたペット葬を執り行い、冥福を祈っていきましょう。

ペット火葬は大阪出張可能

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>